2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

リンク

  • 酒さとわたし
    難治性皮膚疾患「酒さ」とのお付き合いも3年。わたしの肌歴・治療歴♪
  • 黒ぷ~日記
    ジャック&ベティ!黒プードルの日常とわんこ服作りが大好きなかぁちゃんのブログです。時々と~ちゃんも出てきます^^

« 歯を食いしばる癖…その後 | トップページ | 新しい石鹸への挑戦 »

2014年3月10日 (月)

酒さと闘う中年おばば…現状は?

酒さと闘いはじめてぼちぼち2年になる中年おばばの現状報告でございます。

たった今、自撮りしたすっぴん写真ですが…

まぁ、シミとホクロのオンパレードでございます。

なんだか、外からの陽の光が誤魔化してくれてますが…

実際は、も~ちょい 赤いです。

昨年はなかったシミが今年は出てます(・・;)

Img_0941

以前の酷いときに比べたら、良くなってます。

でも、ふとした瞬間にドパーーーッと真っ赤になるんです^^;

今、現在はお薬は一切使用していません。

無添加の石鹸での洗顔と、セザンヌさんの化粧水・乳液・美容液だけです。

Cezanne

これから、暖かくなる春先、初夏、夏…どんな状態になるのか正直不安です。

まだまだ、私の人体実験は続く・・・であろうo(^^;o)

注意 ★ あくまでも、私の場合ですので皆さんに適応しているかはわかりません。

       症状も状態も千差万別ですので、ご使用の場合は自己責任でお願いします。

« 歯を食いしばる癖…その後 | トップページ | 新しい石鹸への挑戦 »

酒さ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
皮膚疾患に効果があるとされるビオチン療法を始めました♪
アマゾンで、ビオチンとミヤリサンとビタミンCを注文しました☆
効果が出たら、お知らせしますね!
顔の赤みは、ル・スピノワのローションパックで、少しずつ改善されてきたように思います。でも、時々、何故か左耳まで、赤く火照るんですよ…
とりあえず、今は色々人体実験してみます(^_^;)

JBかぁちゃんさん、こんにちは!
思いっきりご無沙汰してしまいました。

その後、お元気ですか?
写真を拝見させていただくと、随分お肌が落ち着いて安定されているようですね!!
あんなに色々お薬や化粧品や、食べ物も歯の事も勉強したり試してみたりして努力されてきたんですものね。
良かったですね!!

私のお肌の方も、だんだん落ち着いて来ています。
やや赤味と、よ~く見るとぶつぶつ感があるかな? って具合です。
昨夏の悲劇の状態からみると、これくらいまで良くなった事に感謝です。
でもね、ある朝起きてみると顔が真っ赤になって えっ?!・・・これは何?何が起きたの?って状態だったのですが、
よ~く考えてみると、前日のお昼にカレーを食べたのがいけなかったのではないかと分析しました(;´Д`)
油断禁物ですよねー!
これから紫外線がきつくなるし、往々にして自分に甘い私は気をつけなければ・・・と、思っています。

朱雀さん こんばんは^^

コメント遅くなりすみません(o´_ _)o)ペコッ
ここ数日風邪でぶっ倒れておりました^^;

やっぱり、人それぞれ症状も違いますし何が良くて何が悪いのかもそれぞれなんですよね。
だからこそ、自分に合った方法を自分で見つけていくしかないのかな?と思います。
それには、自らの身体で人体実験していくしかないんですよね
私もまだまだ、油断の出来ない状態です。朝起きると、顔全体が脂ぎってて赤紫っぽくなってたり^^;
また、情報お願いします(o´_ _)o)ペコッ

ぼちぼち暖かくなってきましたね。私も戦闘態勢に入ります

クーピーペンシルさん こんばんは^^  お久しぶりです

クーピーペンシルさんもだいぶ落ち着いてきていらっしゃるようで良かったですね^^
私は発症からもうすぐ丸2年が経とうとしています。
なんとか、治って欲しいと無謀なこともしてきましたがこの冬はだいぶ落ち着きました。
一生懸命ガードしているにもかかわらずシミは増えるばかりですが・・・^^;
でもまぁ、隠せるものは隠せばいいか^^; と開き直ってます。
だって、あの頃の赤鬼に比べたら・・・ねぇ~

もちろん日焼け対策は1年中ですが、本腰入れる季節ですね^^;
今年の夏は、悪化しないように気合だ~~~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒さと闘う中年おばば…現状は?:

« 歯を食いしばる癖…その後 | トップページ | 新しい石鹸への挑戦 »